「2020年度 国際交流基金地球市民賞」を受賞しました

  世界の全地域において総合的に国際文化交流活動を実施する日本で唯一の専門機関である独立行政法人国際交流基金(The Japan Foundation)が運営する「2020年度 国際交流基金地球市民賞」を受賞しました。

 国際交流基金地球市民賞は、国際文化交流を通じて日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、相互の知恵やアイディア・情報を交換し、ともに考える団体に対して国際交流基金より授与される賞のことです。

 同賞には毎年100件近くの応募件数があり、厳正な審査が行われます。そうした審査の結果として2020年度の3つ受賞団体に選ばれたことは大変誇らしく思います。2004年以来、さまざまな形で支援をしてくださる多くの皆様の総力を結集することで、途絶えることなく活動を行ってきたことが評価されたのだと思います。
 また、車椅子の清掃・整備に関わるボランティアは年々人数が増加し、高校生、大学生、一般サラリーマン、定年退職者に加え、日本に長年暮らしている海外出身の人たちの献身的な参加もあり、車椅子の整備活動は世代や国籍の違いを超えた集まりとなっています。このように国際交流の場となっていることも特に評価されました。

 今回の受賞で頂く副賞は、これまでにない大きな金額です。コロナ禍ではありますが、今後の活動の中で有意義に使い一台でも多くの子ども用車椅子を海外に届けたいと思います。

この受賞は、すべて支援、協力してくださった皆さんのおかげです。
御礼を申し上げます。

2021年2月4日 森田 祐和

カテゴリー: トピックス パーマリンク