2021年11月21日 11月2回目のミニ例会を開催しました。

 10月から11月7日(日)まで毎日曜日の連続開催が続いていたために、11月14日(日)は久々に全面休会としました。スタッフの休養も兼ねています。

 翌週の11月21日(日)は通常のミニ例会を開催しました。常連の相模女子大チーム(3名)、久々の多摩工業高校チーム(6名)、そして車椅子部品を手配してくれる宮田さん、過去に車椅子を寄付してくれた大久保さん、スタッフ3名の14名での開催となりました。

 整備に必要な部品がなかなか入手できない状態が継続しているため、今回のミニ例会では整備活動は行わず、清掃に専念しました。結果として、14台の車椅子の清掃が完了しました。

 参加の皆様、有難うございました。

2021年11月21日      事務局


2021年11月7日 11月最初のミニ例会を開催しました。

 少人数でのミニ例会もその開催が定着してきました。10月は4回開催し、11月に入って最初の日曜日も開催することができました。

 メンバーは、相模女子大チーム3名、活動体験希望者2名、スタッフ3名の8名でした。活動体験希望者は、ネットで当会の活動に興味を持ってくれた、堀井さんと有働さんです。十分なサポートはできませんでしたが、清掃・整備の活動全体イメージを説明をして、早速1台ずつ清掃を体験してもらいました。

 また、特別ゲストとして有限会社わくわく工房飯能の宮田さんが来てくれました。宮田さんは当会が活動を行う上で必要となる部品の在庫を調べ、在庫がない部品はその手配をしてくれます。その調査のために今回のミニ例会に来てくれました。

 今回は8名とこれまで以上に少ない参加者でしたので6台の清掃を完了し、そのうちの5台を整備し梱包まで完了しました。 
 今後もこうしたミニ例会を原則として毎日曜日に開催し、整備台数を増やしていきたいと思います。多くの皆様の更なる協力をお願いします。

2021年11月7日      事務局



コロナ感染対策のために検温をして、管理用紙に氏名、温度、連絡先を記入します。


(左)特別ゲストの宮田さんは、必要となる部品を手際よく調べてメモしていました。
(右)宮田さんは忙しいので、部品調査を終えたところで相模女子大チームと一緒に記念撮影しました。


相模女子大チームは、3年生のリーダーの指示で清掃作業が始まりました。


(左)活動体験希望者の堀井さんに早速ピンクの車椅子の清掃を始めてもらいました。
(右)同じく体験希望者の有働さんにも清掃をしてもらいました。


今日のお昼はハンバーグ弁当でした。美味しかった!


右からの3人が相模女子大チーム、その左の2人が体験希望者のお二人。お疲れさまでした。

2021年10月31日 10月最後のミニ例会を開催しました。

 10月最後のミニ例会を開催しました。相模女子大チーム、ベトナムチームの全面的な支援を得て、緊急事態宣言が解除されて以降の10月だけで4回のミニ例会を開催することができました。

 10月31日のミニ例会では、相模女子大チーム5名、ベトナムチーム1名、スタッフ5名の11名で作業を行いました。7台の車椅子の清掃、整備、梱包作業を完了しました。相模女子大チームの5名中4名が例会の初参加でしたので、リーダー格の3年生のメンバーが他の4名を指導することで確実な作業ができました。また、ベトナムチームは、今回は別のイベントがあるため1名の参加となりました。

 コロナ対策は今回も徹底して行いました。検温、マスクの着用と、作業開始前と終了後には手と指のアルコール消毒を行います。また、連絡先の記録も行っています。この対策は、決して油断することなく今後も徹底して行います。
 
 こうしたミニ例会を今後も回数を重ねて清掃、整備台数を増やしていきたいと思います。多くの皆様の更なる協力をお願いします。

2021年10月31日      事務局



(左)早めに到着した相模女子大チームのメンバーが早速清掃作業に取り掛かりました。
(右)ベテランのスタッフが、前輪キャスターの交換作業を行いました。同じ部品が常にあるわけではないので、それに近いものを探し出して交換します。


途中で小雨が降りだしたので大慌てでテント2張を出して雨をよけながら作業を行いました。


テントはあまり大きくないので、倉庫内にスペースを確保してそこでも作業を行いました。


清掃・整備が完了した車椅子は、このように管理番号を付与して梱包します。

小雨を避けながらおいしい昼食をみんなでいただきました。いつも外での食事は特別に美味しく感じます。


         今日もお疲れさまでした。

2021年10月24日 ロータリークラブの皆さんとミニ例会を開催しました。

 急事態宣言が解除されて、3回目のミニ例会を開催しました。当日、作業のために集まってくれたのは東京昭島中央ロータリークラブチーム6名と当会のスタッフ3名の合計9名です。

 すっかり定着してきた、コロナ対策は今回も徹底して行いました。検温、マスクの着用と、作業開始前と終了後には手と指のアルコール消毒を行います。また、万が一に備え連絡先の記録も行っています。

 ロータリークラブチームは清掃作業を担当し、会のスタッフはすでに清掃・整備が終わっている車椅子の梱包作業を行い、清掃完了が7台、梱包完了が8台でした。

 ロータリークラブチームの皆さんのおかげで、今週もミニ例会を開催することができました。午前中だけの活動でしたが、こうした少人数、短時間でも回数を重ねて清掃、整備台数を増やしていきたいと思います。多くの皆様の更なる協力をお願いします。

2021年10月24日      事務局



アルコール消毒後に、検温、連絡先の記載を行いました。


少人数なので隣との間隔を十分に取って作業を行いました。


パラグアイ向けの車椅子とパラグアイ国旗を前に、自ら製作して持参してくれた「子ども用車いすをパラグアイへ」の横断幕を後ろに記念撮影です。お疲れさまでした。

2021年10月10日 緊急事態宣言の解除後、2回目のミニ例会を開催しました。

 緊急事態宣言が解除されて、2回目のミニ例会を開催しました。当日、作業のために集まってくれたのは相模女子大チーム5名とベトナムチーム4名、当会のスタッフ3名の合計12名です。

 作業開始に当たっては、コロナ対策を徹底して行いました。検温、マスクの着用と、作業開始前と終了後には手、指のアルコール消毒を行いました。また、万が一に備え連絡先の記録も行っています。

 10月にしてはかなり暑い気温の中でしたが、水分補給をしながら清掃、整備を行い、8台の清掃と14台の整備を完了しました。これらの車椅子の送り先はまだ確定していませんが、ミニ例会の開催を重ねることで50台以上、できれば90台を早期に完成させ、海外パートナーと相談しながら送り先を決定したいと思います。

 相模女子大チームとベトナムチームの皆さんのおかげで、先週に引き続きミニ例会を開催することができました。今後も、回数を重ねて清掃、整備台数を増やしていきたいと思います。引き続き、皆様の協力をお願いします。

2021年10月10日      事務局



砂利の汚れを避けるためにベニヤ板を置いて、そのうえで作業できるように車椅子を準備してボランティアの到着を待ちます。


相模女子大チームの作業の様子です。車椅子をひっくり返して徹底的に汚れを落とします。


ベトナムチームの整備作業の様子です。みなさん、ベテラン整備士です。


いつも楽しい昼食です。外での食事は美味しいです。


お疲れさまでした。

2021年10月3日 緊急事態宣言の解除を受け、ミニ例会を開催しました。

 政府発出の緊急事態宣言中は当会も例会活動を休止してきましたが、緊急事態宣言は9月30日で終了し、10月1日に解除されました。
 早速、10月3日にミニ例会を開催し10台の車椅子の清掃を完了しました。作業のために集まってくれたのは相模女子大チーム4名と当会のスタッフ3名の合計7名です。

 まだまだ、コロナウイルス感染拡大の恐れがあるので、作業開始前には検温を実施し、全員が37.5℃以下であることを確認し、マスクをつけて作業を行いました。また、作業開始前と終了後には手、指のアルコール消毒を行い、感染防止対策を徹底しました。

 相模女子大チームの皆さんのおかげでミニ例会を再開することができました。今後も、ミニ例会の回数を重ねて清掃、整備台数を増やしていきたいと思います。更なる多くの皆様の協力をお願いします。

2021年10月4日      事務局


      マスクをつけての作業の様子です。                    お疲れさまでした。

2021年7月10日 緊急事態宣言「再発出」前のミニ例会開催です。

  2021年7月12日から4回目の緊急事態宣言の再発出が決定している中ですが、感染防止対策を徹底してミニ例会を開催しました。今回は相模女子大学チーム6名、ベトナムチーム2名と当会のスタッフで行いました。タイ身体障害者協会(APHT)向け90台のうち未完成の13台の整備作業を行い、9台の清掃を完了しました。
 これまでは、事前の整備計画に沿って船の手配などを行ってきました。コロナ禍の現状では整備作業完了の目途が立ちませんが、今後のミニ例会開催により残りの13台を完成させる予定です。そして船の手配や、贈呈先であるAPHTへ到着予定日などを連絡します。
 ミニ例会の再開は8月22日の宣言解除後になりますが、引き続き皆様のご協力をお願いします。

2021年7月11日   事務局



(左)右側の倉庫から車椅子と作業を行うための道具や下に敷くベニヤ板などを出して作業開始です。
(右)拝島倉庫の敷地はほとんどが砂利と砂です。車椅子をきれいに清掃するために下に敷くベニヤや使い古しの畳などを購入しました。


作業はベニヤ板の上で、昼食は畳の上で取りました。後ろが鮮やかな緑でピクニック気分での昼食でした。


             お疲れさまでした

2021年7月4日 緊急事態宣言解除後の最初のミニ例会を開催しました。

  2021年6月20日に緊急事態宣言が解除されました。それを受けて、細心の感染防止対策を取りながらミニ例会を開催しました。生憎と雨模様のためテントを倉庫から引っ張り出しての作業となりました。当日は、相模女子大チーム4名とスタッフ4名の文字通り少人数での開催となりました。アルコール消毒、体温測定、マスク着用で作業を行いました。タイAPHT向けの梱包作業5台を完成させました。これでタイAPHT向けの整備完了台数は77台が揃いました。これからもミニ例会を開催して、目標の90台を完成させます。皆様のご協力を引き続きお願いします。
                           2021年7月5日 事務局


〇作業の様子です


(左)雨対策用のテントを2張立てて作業を行いました。
(右)長い間保管してあったので、車椅子の汚れを落とします。


梱包作業です。              車椅子管理番号を大きくマジックで書きます


             距離を少し取りながら昼食です。


         雨の中での作業、みなさんお疲れさまでした。



〇重量計の改善ができました。


写真左は従来の重量計です。台の上に車椅子のテーブルを載せてその上に車椅子を載せて重量を計測していました。テーブルが車椅子に比べて小さく、下の台に固定されていないために車椅子を安定させて計測するには時間がかかることがありました。


写真左の新しく広い台を作成しました。これは下の台に固定されているので、サイズの大きな車椅子も簡単に安定させて載せることができます。重量計測の作業をスムーズに行うことができるようになりました。

2021年4月11日 久々にミニ例会を開催しました。

  2021年1月7日に発出された新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言は3月21日で解除されました。それを受けて、2021年4月11日に久々のミニ例会を開催しました。この日は相模女子大チームの3名とベトナムチーム4名が参加してくれました。また、午前中だけの参加となりましたが、福生市在住の田邊兄弟も手伝ってくれました。

 例会の開催に当たっては、コロナウイルスの蔓延防止のために体温測定、アルコール消毒、マスクの着用を徹底して作業に臨みました。

 今日の作業は、昨年の11月から開始していたタイ身体障害者協会(APHT)向けの清掃・整備・梱包を行いました。12台の車椅子の清掃・整備を完了させ、12台のうちの7台を梱包まで済ませました。これで、タイのAPHT向けには当会の活動成果として30台となりました。
 コロナ禍では、ミニ例会しか開催できません。少人数での作業となるため、1回の例会で清掃・整備・梱包を完了させる台数が少ないので、ミニ例会と並行して青少年自立援助センターに応援をしてもらい清掃・整備・梱包作業を委託しています。自立援助センターでの作業では4月11日現在で22台が完成しています。タイのAPHT向けとして合計で52台が完了していますので、残りは38台となりました。

2021年4月11日   事務局

今回の作業の様子は下記の通りです。

 
作業前に手のアルコール消毒と同時に体温測定をして右の票の「例会参加票」に記入してもらいます。


相模女子大チームの清掃作業活動の様子です。


(左)ベトナムチームの女性2人は清掃作業をしてくれました。
(右)ベトナムチームのまとめ役のザンさんは毎回整備担当です。


福生市在住の田邊兄弟が清掃を手伝ってくれました。


良い天気になり、少し暑いくらいでした。


久々の集合写真です。

2020年12月20日 今年最後のミニ例会を開催しました。

 2020年最後のミニ例会を開催しました。この日も相模女子大チームの5名と一般ボランティア2名が参加してくれました。

 今日の作業は、まず倉庫の整理を行いました。旧倉庫からの移転のためにとりあえず車椅子を運び入れ、そこに新たな車椅子の提供もあり200台近くが倉庫内にあふれていました。そのため新たな車椅子受け入れるためのスペースも無く、整理整頓が必要となっていました。一旦、車椅子を外に運び出し、必要な清掃・整備のレベルごとに分けました。ほとんど清掃・整備が必要としないきれいな車椅子、通常の清掃・整備が必要なもの、かなり念入りな清掃・整備を要するものに分類し、その区分けに従って再度倉庫に効率よく無駄なスペースが無いように格納しました。
 また、使用する各種工具や道具類を整理して段ボール箱に入れて箱には内容物に合わせてシールを貼り、外から何が入っているかわかるようにしました。この作業により新年からの作業はかなり効率よくできるようになっています。
 上記の倉庫内の整理・整頓に加えて通常の清掃作業を8台分完了させました。2021年3月にはタイ向け90台の発送を実現するために、ミニ例会での作業を新年からも継続します。

今回の作業の様子は下記の通りです。


一旦車椅子を外に出して程度別に分類します。


(左)倉庫内に空きスペースを作り、分類別に整理して再度格納できるようにします。
(右)分類別に効率よく倉庫内に格納します。


子ども用車椅子はその子の体に合わせた形状に作られています。海外ではそのような微調整をすることはできません。そのためにフラットな状態にして送り出します。現地では使用する子どもに合わせたクッションなどを準備してもらいます。


(左)工具、道具類を分類して段ボール箱に格納し、外から内容物がわかるようにシールなどで表示しました。これで「あれはどこだっけ?」で時間を取られることが少なくなりました。
(右)この日も暖かい日差しの下でランチを楽しみました。


みなさん、お疲れさまでした。
今年はコロナ禍と引っ越しがあり大変な年でしたが、皆様のおかげでミニ例会を開催し車椅子の清掃・整備を進めることができました。有難うございました。来年も引き続きご支援をお願いします。