会からのお知らせ (*の記事は、クリックすると詳細を見ることができます)
2018/12/12 東京ラオス会が当会贈呈の車椅子をラオスに届けました。*
2018/12/07 活動レポート20号(2018年12月)を発行しました。*
2018/12/05 ネパール・プロジェクト報告書を掲載しました。*
2018/11/25 ラオス向け90台を船積み完了しました(贈呈実績を更新*)
2018/11/25 タイ向け86台の贈呈式、学校訪問報告書を掲載しました*
2018/11/18 ラオス向け29台の車椅子整備を行い、合計90台となりました。*
2018/11/06 相模女子大チームからイベントの報告が届きました。*
2018/10/28 すべての国の子どもたちからの絵を掲載しました。*
2018/10/26 10月26日にタイで86台の引き渡しが行われました。
2018/10/21 インド10台、ラオス31台の車椅子の整備が完了しました。*
過去のお知らせを見る-->

 トピックス

 今年最後のコンテナー詰め作業を行いました

 当会の活動は、海外の子どもたちに車椅子を届けることですが、そのためには様々な作業が必要です。大きくは、車椅子の収集、清掃・整備、コンテナ詰め・発送、贈呈とセレモニーなどです。その中で、コンテナ詰めは重労働でかつ少人数で行う重要な作業です。
 12月6日、今年最後の船積みとなるインド向け車椅子90台と空気入れ10本をコンテナーに積み込む作業を行いました。小雨混じりの寒い一日でしたが、経験豊富な作業スタッフにより2時間足らずで作業が完了し、コンテナーは東京港に運送されました。船積みは12月11日に予定されています。

(左)コンテナー詰めに備えて倉庫内はパレットやケージに積まれた車椅子がいっぱい
(右)コンテナーが到着し、一台ずつ車椅子番号を確認しながら積み込み作業を進める
写真ー1 写真ー2

コンテナーの中は梯子を使って効率よく貨物を積み上げていき、大きさと重さを考えながら積み付けの順番を決めて積み込んでいく
写真ー3 写真ー3-2

(左)最後の積み込みの前に航海中の貨物の安定のために角材と板と段ボールで
ドア周りを補強
(右)最後の貨物を補強材の上から積み込む
写真ー4 写真ー5

積み込み後はコンテナーのドアを閉め、シールロックを付けて作業完了
写真ー6 写真ー6-2

(左)東京港に向けて出発
(右)空いた倉庫スペースを早速次のプロジェクト用の車椅子で埋めていく
写真ー7-2 写真ー8

過去のトピックスを見る-->