車椅子を受け取ったタイの子どもからお礼の言葉が届きました。

 「神様のもとに先立った息子が使っていた車椅子を海外で必要としているお子さんに是非使ってもらいたい」との岩井さんご夫妻の思いを受け、当会ボランティアの岡田さんがご夫妻とともに2019年4月の例会に車椅子を運んでくれました。
 車椅子は改めて清掃・整備の必要がないくらいにきれいなものでした。車椅子を送付先のタイ向けに梱包する際には、ご夫妻にもその様子を見ていただくことができました。タイのパートナーであるタイ身体障害者協会(APHT)に送る際に「この車椅子はどの子に届いたか写真と情報を送って欲しい」とお願いしていたところ、その連絡が来ました。
 APHTの副会長フッサタダル氏からのお礼と、車椅子を受け取った子どもの写真と情報が届きました。また、子どもとその両親のお礼の言葉も添えられています。今までにない温かい国際交流となりました。
 車椅子を大切に使ってきたご夫妻の思いと、受け取った子どもとその両親の気持ちがつながりました。この報告ができることを事務局としても心からうれしく思います。

2019年9月 事務局

 
-------以下はAPHTからのメッセージです-------
 まず、第一にタイ身体障害者協会(APHT)が車椅子を受け取る適切な子を見つけるために非常に長い時間がかかったことについて、岩井ご夫妻に心から謝罪したいと思います。車椅子の送り先としてタイの障害児を選んでくださった岩井ご夫妻の温かな心のこもった寄付に感謝します。
 車椅子を受け取るのにふさわしい子が見つかりました。スリサングワル学校の先生が私たち(APHT)を助けてくれたので、適切な子を見つけることができました。

〇以下がその子の情報です。
  名前:ナッティ・ラムリッティクライ(男子)
  年齢:7歳
  学校:スリサングワル学校幼稚部
  症状:筋力低下(自分で体を動かすことはできない)

〇両親からのメッセージ
 「岩井さんの息子さんが亡くなったことは本当に悲しいです。岩井さんからナッティに大きなサポートをいただき私たちはたいへん感謝しています。車椅子に座って様々な活動をする機会が生まれ、ナッティの将来が明るくなってきました。息子のためにこの車椅子を最大限に使うことを約束します。車椅子を贈ってくださった岩井さんのお気持ちに沿うよう、丁寧に使います。本当にありがとうございます。」


〇ナッティ(車椅子を受け取った子ども)からのメッセージ
 「この車椅子を持ててすごくうれしいです。僕みたいな障がいのある子どもにとってはいいもので、毎日動き回ることができるようになりました。本当に気に入っています。贈ってくださってありがとうございます。」

〇APHT副会長フッサタダル氏が岩井さんご夫妻からの車椅子をナッティに
 贈呈しました。


(写真左)左から、スリサングワル学校の理学療法士プロムヌーンさん、
     APHTの副会長フッサタダル氏、ナッティの世話係ティワトさん。
(写真右)車椅子に乗るナッティ君。



-----以下は2019年4月例会に来られた岩井さんご夫妻の様子です------


(左)岡田会員の友人の岩井さん夫婦が車椅子を寄付してくれました。車椅子ができたばっかりにもかかわらずお子さんが亡くなったそうです。「是非とも海外の子どもに贈って有効に使ってほしい」と要望がありました。きれいなままの車椅子です。
(右)岩井さん夫婦が車椅子の梱包の様子を見守ります。
----------------------------------------
        

カテゴリー: トピックス | コメントする

 車椅子を届けてくださいました。

 当会のホームページをご覧になって、大変多くの方々が車いすを届けてくださいます。
本日、いつもご支援をいただいている東京昭島中央ロータリークラブの指田会員が、車に積載して拙宅にお届けくださいました。知り合いからの依頼だそうで、勤務中にもかかわらず持参いただきました。室内保管の良質な大人用車いすでした。先日も10台ほどご寄付をいただきました。この場をお借りして御礼を申し上げます。
 なお、大人用車椅子についても、届けていただいた場合は会での活用を行います。海外のパートナーには大人用が多少混じることに問題はないと受け取ってくれるからです。廃棄するのは「モッタイナイ」ですから。(当会が出向いて収集する場合は、基本的には大人用車椅子はお断りをさせていただきます。ご理解ください。)

 当会では随時、「子ども用車椅子」の個人の持ち込みを歓迎しています。
住所は下記のとおりです。
〒197-0012 東京都福生市加美平3-7-13
          ことぶきや衣裳店 森田祐和
          地図などの詳しい情報はこちらから。

指田会員2
車椅子を届けてくださった指田会員と受け取る森田で記念撮影

カテゴリー: トピックス | コメントする

 エチオピア向け70台の車椅子を船積みしました。(贈呈実績*)

 7月末の本船にエチオピア向け70台の車椅子を船積みしました。今回の贈呈は当会のメンバーであるアベベ氏が主宰するNPO法人アディアベバ・エチオピア協会と駐日エチオピア大使館、エチオピアン・シッピング・ラインズ(Ethiopian Shipping Lines Ltd.)の3者による共同支援で実現しました。9月の中頃にはアジス・アベバのチェシャ財団に届けられる予定です。
 これでエチオピアへの贈呈総台数は592台となりました。贈呈実績グラフはこちらから。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

 開始時刻を9時に前倒しをしての開催となりました。*

 今日の例会は36℃超えの猛暑日になるとの予想が出ていたために、開始時刻をいつもの10時から9時に前倒しをしての開催となりました。9時開催にもかかわらず続々と多くの参加者が集まりました。続きを読む、

カテゴリー: お知らせ | コメントする

 トピックスを更新しました。(その2) 下段をご覧ください。

梅雨空から一転して当日は暑い夏の日差しの下の見学日となりました。横浜本牧にある海運会社APL(アメリカン プレジデント ラインズ)社のコンテナーターミナルを訪問しました。参加者は相模女子大チーム、一般ボランティア、車椅子を使っている子どもの保護者、会長と理事など、総勢17名です。その様子をトップページの「トピックス」に掲載しています。トップページからご覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

 APL横浜本牧コンテナーターミナルを見学しました。

 梅雨空から一転して当日は暑い夏の日差しの見学日となりました。横浜本牧にある海運会社APL(アメリカン プレジデント ラインズ)社のコンテナーターミナルを訪問しました。参加者は相模女子大チーム、一般ボランティア、車椅子を使っている子どもの保護者、会長と理事など、総勢17名です。

 当会は、これまで主にインド、フィリピン向けの車椅子をAPL社の本船で輸送しており、日ごろ整備活動に参加してくれている会員の「コンテナーに積み込んだ車椅子はトラックで港に運ばれた後、どの様に本船に積まれているのか」という疑問の声に応えて、海運会社出身の小田理事が企画し、APL社が快く受け入れをしてくれて本日のコンテナーターミナルの見学会となりました。

 見学会は2部構成でした。まず、会議室で基本的な貿易関連の説明がありました。これはコンテナートレードに関する基本知識ですが、我々にとっては「なるほど、そうだったのか、知らなかった」ことばかりでした。世界の貿易の90%が海運での輸送であることは驚きでした。第2部はAPL社のビルの屋上に上がり、実際にコンテナー船にコンテナーを積んだり降ろしたりする作業を見ながら解説してもらいました。その説明を聞くと、クレーンやトラックの動きの意味が分かるようになりました。また、屋上からは東京湾が見渡せ、目の前を航行中の本船の一隻がAPLの本船で午前中にコンテナーを積みこんで出航したとの説明がありました。

 今回の見学を経て、我々が送り出した車椅子を積んだコンテナーが港でどのように取り扱われているか、が理解できました。また、車椅子一台一台の重量を計量して正確な重量を船積み書類に記載することは本船での事故を防ぐために必要だという事も理解できました。日頃港から遠い場所で活動をしている我々の作業が、港のコンテナーターミナルや本船での作業と繋がっていることが分かり、港や本船が近い存在となりました。

以下は説明をいただいたAPL社の概要です。
「APL(アメリカン プレジデント ラインズ)は元々アメリカの企業だったが、1997年にシンガポールのネプチュン・オリエント・ラインズ(NOL)の子会社となる。そのNOLがフランスのCMA・CGM社に買収されたので、現在はCMA・CGMグループに入っている。APL(アメリカン プレジデント ラインズ)のブランドは海運界では確固たる歴史のある名前なので会社は無くなっても現在でもAPLとして使われ続けている。」
(下図はクリックすると大きくなります)
APL01-01 APL02-01
(左)2万2千個のコンテナーを積みこむことができる大型のコンテナー船です。
(右)APL社が所属するCMA・CGMグループの船のキャパシティーは世界第4位です。


<見学会の様子>

Created with GIMP 3D4A0255
(左)会議室で第1部の説明会が始まりました。 
(右)APL社や海運業一般について解説してくださったAPL日本代表の内田氏。右後ろはジェネラルマネージャーの白井氏と左後ろの社員の飯島さんです。

会議室_消去版 3D4A0253
           内田氏や白井氏の説明を聞く17名です。

屋上_消去版 3D4A0340
(左)屋上からコンテナーの積み下ろし作業を見ました。
(右)陸上に置かれているたくさんのコンテナーです。白いコンテナーは冷凍・冷蔵機能付きです。地上から約50m上のガントリークレーンのコントロール室でクレーンでの積み下ろし操作をしています。

3D4A0477 APL-02見送り-01
(左)ビルの屋上で全員の記念撮影です。
(右)関内駅に集合した17名はAPL社の社員通勤用バスで送り迎えです。帰りもバスで見送りをしていただきました。有難うございました。


 なお、本日の説明会の様子は業界紙大手の日本海事新聞社の記者も同行して取材をしてくれました。APL社の了解も得て、その様子は下記の記事となりました。

クリックすると大きくなります。新聞記事_WEB掲載版
    
     新聞記者-02 日本海事新聞の佐々木さん


2019年7月25日 事務局


カテゴリー: トピックス | コメントする

 今日は過去最大の100人態勢の例会となりました。*

 梅雨空の今にも雨が降り出しそうな天気の下、例会が始まりました。9時過ぎからボランティアが集まり始めました。そして10時を過ぎるとみる見る間に100人ほどのボランティアが集まり過去最大の人数規模の例会となりました。続きを読む、

カテゴリー: お知らせ | コメントする

 マレーシア向け170台の船積みが完了しました。

 5、6月の例会でマレーシア向け車椅子170台の清掃・梱包作業が完了しました。その車椅子を積んだ本船が7月2日に東京港を出てマレーシアに向かいました。7月13日にポートケラン港に到着見込みです。これでマレーシアに贈呈した車いすは1,216台となり、当会が最も多くの車椅子を送った国はベトナムを抜いてマレーシアになりました。(贈呈実績グラフはこちらから)

 なお、今回のマレーシア向けは、当会の新しい取り組みとして未整備のまま送り、修理・整備はパートナーである東方政策元日本留学生同窓会(ALEPS)が現地で実施して子ども達に配布する方法です。そのために必要な修理部品として新品タイヤ、チューブ、各種工具を一緒に積み込んでいます。また、車椅子以外にチャイルドシート30個、短下肢装具も積み込みました。40フィートコンテナに満載となりました。
 来年2月頃には、パートナーが実施する現地での車椅子整備作業に相模女子大チームの学生の皆さんが参加する予定です。

 本船の東京港出航に先立って、コンテナへの積み込みは6月26日に例会の開催場所である多摩包装工業株式会社の敷地で行いました。作業は、青少年自立援助センター、相模女子大チーム、当会の会長、理事などのボランティアと業務を委託している多摩包装工業株式会社の社員の皆さんで行いました。晴天だったためにコンテナの内部は超高温・多湿の状況で熱中症にならないように途中で水分補給をしながら積み込みを完了しました。その様子は下記の写真でご覧ください。

2019年7月2日 事務局


写真01 写真02
40フィートのコンテナは圧巻です   奥行きがすごいです。内部温度は50℃(?)

sdr sdr
倉庫内に170台が山積みです        まず車椅子をパレットに載せます

sdr sdr
パレットに載った車椅子をフォークリフトで倉庫から運び出し、コンテナに積み込みます

sdr dav
フォークリフトはコンテナの入り口まで。そこから先は人が運び、積み上げていきます。これが重労働です。青少年自立援助センターのメンバーが大活躍してくれました。

写真09 sdr
(左)相模女子大チームと会長が作業の途中で車椅子を前にして記念撮影です
(右)新品タイヤ、チューブ、各種工具類が入った段ボールを最後に積み込みます

sdr dav
(右)木枠をはめ込んでコンテナを開けた時の荷崩れを防ぎます
(右)途中ですべての荷物が入り切るか不安でしたが、すべて積み込みを完了しました

dav dav
         ドアを閉じてシールで封印してすべて完了です

sdr dav
(左)無事にトラックでコンテナが東京港に向けて出発しました。
(右)170台の車椅子が出庫され広いスペースができました。次の入庫に備えます。

以上


カテゴリー: トピックス | 1件のコメント

 トピックスを更新しました。そのトピックスをご覧ください。

 7月2日(火)にマレーシア向け170台の本船が東京港を出ました。また、それに先立って車椅子のコンテナ詰めを行いました。その様子を「トピックス」に掲載しました。こちらからご覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

 2018年度事業活動報告書及び次年度計画書を掲載しました。*

6月16日(日)当会の総会が開催され、2018年度事業活動報告書及び次年度計画書が承認されました。 報告書はこちらから

カテゴリー: お知らせ | コメントする