例会の様子

 例会の様子

 NPO法人 海外に子ども用車いすを送る会では、毎月第3日曜日に収集した車いすを
清掃・整備・発送に向けた梱包を行う例会を行っています。
このページでは毎月開催されている車いす整備例会の様子をお伝えしています。

(写真の見方)
掲載されている写真をクリックすると拡大します。拡大した写真の枠の外側をクリックすると記事に戻ります。また、拡大した写真の
枠内の右側をクリックすると次の写真が表示されます。更に拡大した写真の枠内の左側をクリックすると前の写真へ戻ります。

 2017年7月16日 ネパール向け第2回目の整備活動を行いました。

 猛暑の一日でした。熱中症対策に冷たい水と塩飴、そして沢山のスイカが用意され、60名を超す参加者のうちひとりも体調に不調を訴える人もなく、予定通りに車椅子40台とバギー5台の整備を完了させました。

 修理整備作業の新しい手順を導入し、相模女子大グループの皆さんがいつもの作業に加えて、修理の技術習得に集中していました。
写真1 写真2

写真31 写真4

写真5 写真6

多摩工業高校と福生高校の生徒の皆さんが元気に作業をしてくれました。
写真7 写真8

写真9 写真10

写真11 写真12

毎回参加のベトナムチームの人達は大切な活動メンバーです。
写真13 写真14

地元の小学生がボランティア参加をしてくれ熱心に車椅子の清掃や梱包に
精を出してくれました。終わって、楽しかった、とうれしい言葉。
写真151

また、ネパール人会員のダンゴール・シャンティさんと息子さんも駆けつけてくれました。
息子さんは、小学一年生のマハラジャン・プラッシー君です。(写真右)
写真16

そしてベトナムチームの参加者の2歳のお子さんウェットちゃんは周りの人気をひとりじめし、
和やかな空気を作っていました。
写真171

(写真下左)昼食は皆さん外で。相模チームはスイカを前に食事をしながら真剣にチーム会議。
(写真下右)ベトナムチームは和やかに情報交換。
写真18 写真192

今日の楽しみはスイカ。冷たいスイカが暑さから守ってくれ、甘さがエネルギーを補給してくれました。「来月も」の声が多く8月もスイカの出番と決まりました。
写真204 写真213

写真222 写真23

     猛暑の中の作業完了。お疲れ様でした!
写真24

 2017年6月18日 第1回ネパール向け22台の整備と梱包作業を行いました。

 今日の例会は、曇天のもと多彩な参加者で大賑わいとなりました。いつものベトナムチーム11名、相模女子大チーム18名、多摩工業高校チーム5名、エチオピアチーム2名、ネパール5名、一般ボランティア9名、合計約50名の大部隊となりました。
 今月はネパール向けの整備ということで在日ネパール人の5名(+子ども1名)の参加がありました。また、先月から参加しているキリマンジャロ登山予定の池田さんは今月も参加です。今回は22台のネパール向けに加えて、行先はまだ未定ですが9台のバギーを整備しました。ネパールへは9月に船積み発送予定です。

写真521_1 写真1-1_バギー
(写真左)いつものように作業開始です。
(写真右)行先が未定のバギーです。小型、軽量なので通常の車椅子よりは整備が少し楽です。

写真2_Rachel いつもの主要メンバーである相模女子大チームです。今日は特別参加がありました。米国のカリフォルニア・チコというところから2か月の短期で相模女子大に留学しているレイチェルさんです。「子供のころから両親とともに海外でのボランティア活動に参加しています。今回、このような活動があること知り、参加しました。とても素晴らしい活動で、大変楽しく作業ができました。この活動は、本当に素晴らしいです。」

写真3_アメリカンスクール 左の若者3人はアメリカン・スクール・イン・ジャパンの日本で言う高校1年生です。一番左のチャン・イアン君は3月の例会に彼の父親と参加してくれています。
 今回は自分の友人(清水君、大久保君)を連れての参加です。こうして活動の輪が広がることに感動します。

写真4_ネパール 写真5_エチオピア
(写真左)今回はネパール向けの整備と聞いて参加してくれているネパール出身の
皆さんです。やはり自分の国への強い思いのあることが伝わってきます。
(写真右)最近は毎月欠かさず参加してくれるエチオピア出身のアベベさんとその友人です。

写真6_多摩工業高校 写真7_昼食
(写真左)多摩工業高校JRC部の顧問の先生と部員の皆さんです。彼らは、様々な
ボランティア活動を行っていて、当会での活動はその一部です。多くの団体から引っ張り
だこのようです。
(写真右)午前の活動を終えて、楽しみな昼食です。今回のメニューはネパール向け整備にちなんでネパールカレー(ナンとサラダ付き)が振舞われました。美味しくて食べるのに夢中で写真撮影を忘れました。

写真8_池田氏車椅子と2       写真9_池田氏贈呈
先月から参加の池田さんです。今回も9月に挑戦するキリマンジャロ登山に合わせて、タンザニアの障害児に車椅子を送るために自ら整備に訪れました。利用する子どもの体型、体格を詳しく聞いて、合う車椅子を選び整備を行いました。梱包まで行い、森田会長から贈呈を受けました。

写真10_集合写真
<恒例の全員での写真撮影>

 2017年5月21日 第2回フィリピン向け32台の整備と梱包作業を行いました。

 今日の例会は、今年一番の暑さとなりました。そんな「猛暑」といっていいような天気にも関わらず、多くの参加者がありました。ベトナムチーム30名、相模女子大チーム15名、エチオピアチーム2名、ミャンマー1名、一般ボランティア6名、合計54名の大部隊となりました。
 先月に続いて今回もフィリピン向けの清掃・整備を行いました。32台の車椅子の整備を完了したので、先月実施のものと合計して69台の整備を終えました。6月に船積み発送予定です。

写真521_1 写真521_2
(写真左)いつも例会の会場の提供で当会を支えてくれる「多摩梱包株式会社」の社屋です。左の白い建物が事務棟です。右側のシャッターのある建物が倉庫で、車椅子を保管してもらっています。
(写真右)本日の整備のために並べられた車椅子です。前回同様、特殊な車椅子が中心です。このあと追加の車椅子が整備のために倉庫から出されています。

写真521_3_1 写真521_4
(写真左)スタッフが参加者に本日の作業内容を説明します。「今日は暑いですが、幸いにも参加人数が多いので短時間で作業を完了できるように頑張りましょう。」の声掛けで始まりました。
(写真右)作業説明内容をベトナムチームに伝えるリーダーの「ザンさん」(メンバーはこのあと続々と増えました)

写真521_5 同じく作業説明内容を相模女子大チームに
 役割分担を含めて指示を出す副リーダーの
 「小西さん」

IMG_20170521_132819 IMG_20170521_132643
寝たきりの子ども用車椅子です。寝たきりですが、前後方向に5度程度、左右方向に5度程度の傾きを付ける機能を持っています。寝たきりの子どもに対して、車椅子に少しの傾斜をつけることで、時々違ったアングルで周りを見せることができます。通常はそれぞれフラットな状態で使用します。

写真521_7 写真521_8 写真521_9 写真521_10
寝たきりに近い状態の子ども用車椅子を整備します。

写真521_11 写真521_12
(写真左)このようなかわいい車椅子(?)もあります。
(写真右)なぜか自転車がありました。遊具用か訓練用か。ペダルは足を固定するためのベルトが付いています。

写真521_13 このような自転車を改造して作られた車椅子は
 極めて珍しいものです。前輪部と後輪部が
 ジョイントで接続された構造なので輸送時は
 切り離して梱包します。保護者の利便性から
 作られたものと推察されます。

写真521_16 写真521_17
(写真左)昼食後に、恒例のベトナムチームの合唱が始まりました。全員で手拍子を打ちながら大きな声で実に楽しそうに歌います。
(写真右)スタッフから今日の成果の報告を聞く参加者

写真521_18
恒例の全員での写真撮影

 2017年4月16日 フィリピン向け37台の整備と梱包作業を行いました。

 これまでの寒さも和らぎ、暖かい作業日和となりました。ベトナムチーム20名、相模女子大チーム15名、多摩工業高校チーム5名、エチオピア、一般ボランティア等を含めて約50名強の参加者があり、例会のいつもの作業が始まりました。また、過去にも来てくれている埼玉在住の岡田さん親子の参加もありました。
 今回のフィリピン向け車椅子の整備は、特殊な車椅子が対象でした。歩行訓練、立位訓練、寝た状態で日常を過ごすための車椅子など、これまでの整備ではあまり見ることのないものがありました。
20170416-1 20170416-2
20170416-3 20170416-4
これらの特殊な車椅子は重度の障害をもつ子どもに使われることが多いとのことでした。
横になって使用すると思われる車椅子が多く、様々な工夫があることがわかりました。
点滴袋や、栄養剤を吊るすポールがあったり、酸素ボンベを格納するための固定金具なども
ついています。それらは自分で栄養を取ることができなかったり、自分で呼吸するのが困難な
子どもたちのためでした。

20170416-5 20170416-6
20170416-7 20170416-8
これらは、車椅子ではなく様々な訓練装置です。主に施設で訓練のために使われます。
これらの特殊な車椅子や装置を活かして訓練などができる組織と施設があるフィリピンに送ります。

20170416-9
 珍しい道具がありました。段差や溝があるところで
 車椅子を移動させるための渡し板です。伸び縮みして
 最長で3メーターくらいになります。車椅子の最大の
 敵は段差です。この道具があると家への出入りも楽に
 なると思います。

20170416-10 20170416-11
(写真上左)岡田さんは、今回も整備作業を行うお母さんの姿を見守る息子さんと一緒です。

(写真上右)これは大変珍しい車椅子とのことでした。利用者は左手が不自由で右手しか
使えない子どもだったとのことです。そのため、右側に付いた2つのハンドリムで車椅子を
操ります。外側のハンドリムで右側のタイヤを動かし、中側のハンドリムで左側のタイヤを
動かします。これで進行方向を変えたり、回転したりすることができます。こうした工夫の
素晴らしさに感心することしきりでした。

20170416-13 20170416-12
(写真上左)車座に座って昼食を取っていたベトナムチームが、食事が終わると手拍子を
しながら大きな声で歌を歌い始めました。本当に楽しそうに歌っていました。近くに座って
歌を聴いていた岡田さん親子も一緒に楽しそうに手拍子をしていました。

(写真上右)お昼の食事時には、ベトナムチーム自家製のお菓子のデザートサービスが
ありました。「バインガイ」というもち米でできたお菓子です。お餅の中にはココナッツ、
ハスの実、豆が入っていて、周りは黒い葉っぱ(とベトナムチームの人が解説)にくるんで
あります。ほんのり甘い味がして日本人にも好まれる味のお菓子でした。

20170416-14
恒例での全員写真撮影

 2017年3月19日 ベトナム向け30台の整備と梱包作業を行いました。

 今日も好天に恵まれ、例会のいつもの作業が始まりました。ベトナムチーム12名、相模女子大チーム8名、多摩工業高校チーム3名、エチオピア、一般ボランティア等を含めて約40名の参加者がありました。
 ベトナム向け車椅子の整備を行い、30台の整備を完了しました。先月に行った5台と合わせてベトナム向けは35台となりました。
写真1 写真2

写真3 写真4
ベテランボランティアの指導を受けながらタイヤ交換作業をするエチオピアボランティア

写真5 写真6
所有者の子どもの体型に合わせて作られていた保持器を一般的な形状に合わせます。

写真7 写真8
今日は、特別参加がありました。当会のホームページを見て活動に参加したいと言う息子さんを
伴って日興アセットマネジメント株式会社社員のチャンさんが参加しました。

写真9 写真10
(写真左)車椅子として使用できないものは、解体し利用できる部品を取り外します。
(写真右)解体して得られる部品と交換することで動かなくなったリクライニング機能が復活します。

写真11
恒例での全員写真撮影

 2017年2月19日 タイ向け17台とベトナム向け5台の整備と梱包作業を行いました。

今日は、寒風吹きすさぶ寒い日です。日差しはあるのですが、風が強く感じる寒さは強烈でした。そんな中ですが、ベトナムチーム、エチオピアチーム、相模女子大チーム、多摩工業高校生チーム、一般ボランティアなど30人強の人たちが集まって整備作業を行いました。今回の整備はタイ向け17台とベトナム向け4台を完了しました。寒い中でもあったので、いつもより少し早めに作業を終了しました。皆様、お疲れ様でした。

(写真下左)いつものように車椅子の清掃から作業が始まりました。
(写真下右)多摩工業高校生の作業の様子です。日差しが強く写真右はよく見えないかも。
IMG_20170219_100157 IMG_20170219_102050

(写真下左)ベトナムチームの作業の様子です。
(写真下右)エチオピアチームの作業の様子です。日差しが強く写真右はよく見えないかも。
IMG_20170219_124908 IMG_20170219_103242

(写真下左)車椅子の座席の寸法を実測します。
(写真下右)その寸法を管理カードに記入し、車椅子情報として送り先に提供します。
IMG_20170219_130145 IMG_20170219_130209

整備の完了した車椅子にはその証としてラベルを貼ります。まず、当会のロゴマークを張ります。
それ以外に商船三井、相模女子大、日興アセットマネジメントの当会を支援をしてくれている
団体のそれぞれのシールを貼ります。
IMG_20170219_132413 IMG_20170219_132516 IMG_20170219_132346 IMG_20170219_132426

例会の終了に当たって、小田理事とともにカンボジアの贈呈式に参加した
相模女子大の小泉先生と学生代表の今井さんがプロジェクトの報告を
例会参加の皆さんに行いました。(左が小泉先生。右が今井さん)
IMG_20170219_135622

恒例の全員での写真撮影です。
IMG_20170219_135205

 2017年1月15日 今年初の例会、タイ向け25台の整備と梱包作業を行いました。

今日は一番の寒さです。ストーブが登場。近くに寄っても、あまり暖かさを感じることができないほどの寒さでした。みなさん、お疲れ様でした。
写真1 写真2

今日もタイ向け車椅子の整備を行いました。相模女子大チーム、多摩工業高校チーム、ベトナムチームと一般会員のボランティア、総勢約40名で整備作業を行いました。タイ向けの車椅子の目標台数は80台、本日の整備台数が25台でこれまで整備済みの台数と合わせると63台となりました。目標まであと17台です。

海外に送る車椅子には当会の目印であるラベルをすべての車椅子に貼ります。
写真4 写真5

いつものように整備をしっかり行います。
写真6 写真3

寒いので梱包は倉庫の中で行いました。    これまで整備を完了したタイ向け車椅子
写真8 写真9

今日は寒さに負けないようにあつあつで辛い「タイ風うどん」と、午後もがんばりの力となる
「ベトナムのちまき」が昼食に提供されました。
写真10 写真11

たくさん準備したうどんのどんぶりにトムヤンクン風スープをかけてアツアツ、激辛を
いただきます。これを作ってくれたのは北千住のタイアジア料理店「チャイヤイ」の
オーナーシェフである坂本さんです。ベトナムチームメンバーから当会の活動を知り、
このような形で支援に来てくれました。
写真12 写真13
(写真右)写真の右側で、急ごしらえの屋外キッチンでタイ風うどんを参加者にふるまう
      坂本さんです。

そして、ハーブの香りが爽やかな風味の「ベトナムのちまき」です。ベトナムのお正月料理だそうです。
写真14 写真15 写真16
ベトナムチームのメンバーが事前に用意したちまきを包装から取り出し、1人分に切り分けて
くれました。

これらの料理を楽しんだ後も作業を継続して、当日の例会を終了しました。
写真17 写真18
今日の成果についての説明を聞く参加者です。  恒例の全員での写真撮影です。

 2016年12月18日 タイ向け32台の整備と梱包作業を行いました。

 12月18日(日)タイ向け32台を整備し、梱包を行い多摩梱包さんの倉庫に格納しました。これらは、先月に整備したタイ向け6台と合わせて38台となりました。目標の90台までは残り52台ですが、2月までの今後の例会の中で整備を完了します。それらを2017年3月にタイへ送る予定です。

 当日も、好天に恵まれ気温は低いものの暖かい日差しの中での作業となりました。いつものように作業が始まりました。

(写真は、クリックすると大きくなります)
タイ21 タイ22

タイ24 タイ29
(写真上左)この写真のように車輪のタイヤ(ゴム)が完全に外れてなくなっていたり割れて
        使えないものがあります。これらは新しいタイヤに交換します。
(写真上右)これは大きな車輪のタイヤ交換の説明をプロの技術者から受けるボランティアです。

タイ6 タイ7
こちらは、清掃と梱包作業です。

タイ8 タイ9
梱包が終わると順次倉庫内に運び入れ、コンテナ詰めを待ちます。

タイ10 タイ70
(写真上左)今回、親子で参加の元越谷特別支援学校のPTA会長の岡田さんとその息子さんです。
        息子さんは、お母さんの作業中はその様子を見守っていました。
        なお、岡田様は当会が車椅子を収集する時に、大きな力となって手助けを
        これまでにしてくださっています。
(写真上右)小田理事が作業後の成果について説明します。

タイ60
恒例の全体写真撮影です。

2016年12月3日 マレーシア向け車椅子梱包作業(臨時)を行いました。

 子ども用車椅子は子どもの症状に対応するために、数多くの種類があります。また、国によって車椅子のタイプの必要度は異なります。

今回、木製の座位保持車椅子の要望の高いマレーシアに集中的に送る計画が決定され、臨時の作業を行いました。

 マレーシアの受け入れ団体は独自で車椅子の修理整備が出来る工場を運営しているので今回は整備修理をせずに梱包のみで送ることになりました。
 好天に恵まれ、エチオピア、ベトナムの人たちを含む14名で効率的に作業は行われ、予定通りに作業を完了しました。

作業前に並べられた座位保持車椅子
マレーシア1 マレーシア2

手際よく進められていく梱包作業
マレーシア3 マレーシア4
マレーシア5 マレーシア6

梱包作業が終了しました。
マレーシア7

梱包が終わった車椅子の重量を測定し、番号を書いて倉庫に保管して作業が完了。
マレーシア8 マレーシア9
マレーシア10 マレーシア11

 倉庫に保管された車椅子は12月6日にコンテナー詰めされ、12月12日の本船に船積みされ、
12月19日にマレーシアに到着予定です。

2016年11月20日 カンボジアおよびタイ向けの整備を行いました。*

 不思議なことに、当会の例会の日は雨がほとんど降ったことがありません。小雨はありましたが、作業ができないくらいの大雨はここ数年の間ですが経験がありません。
 当日は、ベトナムチーム、相模女子大チーム、多摩工業高校チーム、エチオピアチーム、一般ボランティアなど約45名の参加がありました。カンボジア向けの23台の整備を完了することができました。これで、カンボジア向け目標の90台が揃いました。また、その23台に続いて6台のタイ向け整備を開始しました。

DSCN0785
本日整備に取り組む車椅子が並んでいます。

DSCN0790 DSCN0792
写真上左 隙間に詰まっているごみまで完全に取り去ってきれいにするためのエアガン
写真上右 パンクしても修理を必要としないように溶液を充てんします。

DSCN0815 DSCN0813改
                      重量を計測するための秤

DSCN0800 DSCN0799
                             車輪を外して分解掃除します。

DSCN0801 DSCN0803改

DSCN0812改 DSCN0809改

DSCN0826
会長の活動参加へのお礼の挨拶を聞く参加者

集合写真1
恒例の記念撮影