コンテナ詰め作業手順

 コンテナ詰め作業手順

コンテナ詰め作業の様子を手順に沿ってご紹介します。
(2016年6月20日に行われたインド向け車椅子90台のコンテナ詰めの様子です)

① 貨物積み込み前にコンテナー内部のリンクに貨物固定用のテープを取り付ける。コンテナ1

② 倉庫入口付近に用意された車椅子をパレットに積む。
  パレットに積んだ時点でチェックシートに車椅子番号の消し込み作業を行う。
コンテナ2

コンテナ3

③ パレットに積んだ車椅子をフォークリフトでコンテナーに積み込む。
コンテナ4

コンテナ5

④ 貨物の大きさと重さを考えてダメージを起こさないように
  慎重にかつ効率的に貨物を積み込むプロの技。
コンテナ6

⑤ 作業の最終段階ではコンテナーのドア付近での荷崩れを防ぐために
柵を取り付け最後の数台はフォークリフトを使って柵の上から積み込む。

コンテナ7

⑥ すべての車椅子の積み込みを終えたことをチェックシートの番号消し込みで確認。

コンテナ8

⑦ 積み込みを終えた後航海中の荷崩れを防ぐために貨物の最上部を
テープや段ボールを使って貨物を固定する。
コンテナ9

⑧ 積込み作業が終了したらコンテナーのドアを閉めてシールロックを
  取り付けてすべて完了。
コンテナ10

⑨ コンテナーは東京港のターミナルに搬入され輸出通関を経て24日に
  船積みされる。
コンテナ11