ボランティアの声

 ボランティアの声

 2017年2月7日 海外に子ども用車椅子を送る会活動に参加して(その2)

〇相模女子大学4年 神谷彩香〇
 大学に入学し初めてこの活動の話を聞いた時、「楽しそう」と直感的に感じ、今まで活動に参加してきました。月に1度の整備ですが、参加すれば車椅子の整備における達成感と1日の充実感を感じることができました。
 最初の頃は自分でできるのか心配でしたが、汚れがたくさんあった車椅子が、掃除を終えて綺麗になっているところを見ると、とても嬉しくなりました。そしてこの整備には、日本以外の国出身の人、自分より年上の人、高校生など、様々な人と交流することができたため、自分の知らない世界や価値観を知りました。
 学生のうちに様々な人と出会い交流することはとても貴重な体験で、それを経験できた私はとても幸せだと思います。そして、何より参加できたことにとても感謝しています。この経験を生かし、社会人になっても多くの人と関わっていきたいと思います。

〇相模女子大学4年 山井瑞穂〇
「誰かの役に立ちたい、海外に興味がある」という些細なきっかけから約4年間、この活動を続けてきました。参加当初、車椅子に関する知識は全くありませんでしたが、月に一度の整備活動に参加するうちに、車椅子に関する知識や、発展途上国での子ども用車椅子の必要性について、知識を得ることができました。
 マレーシアで行われた贈呈式では、実際に私たちが整備した車椅子を現地の子どもたちが笑顔で使用している姿を見ることができました。その姿を思い出すと、今でも嬉しさや達成感と同時に「この活動に参加して本当に良かった」と感じることができます。
 この活動では、普通に学生生活を送るだけでは体験できない貴重な経験をすることができました。今後も、自分のできる範囲で役に立つことができたらいいなと思います。

〇車椅子整備をする2人(左が神谷さん、右が山井さん)
相模女子神谷・山井さん

 2017年1月25日 海外に子ども用車椅子を送る会活動に参加して(その1)

海外に子ども用車椅子を送る会活動に参加して
           
高校時代の友人に同窓会で声を掛けられたことが切っ掛けで活動に参加することになりました。以前、その友人から日本の子供たちが使わなくなったランドセルを集めて海外へ送る活動について聞いたことがありました。
日本人は優しいよ、送られてくるランドセルにはノートや鉛筆などがびっしり詰め込まれている。空のランドセルはほとんどないよ。

何かほのぼのする気持ちになったことを想い出し海外の子ども達に送る車椅子の整備活動に参加することにしました。

活動では海外へ送るための心配りした清掃、修理、手入れが行われます。

自転車の修理は経験していましたので車椅子の修理はできるだろうとの軽い気持ちで始めました。活動で一番驚いたのは同じ車椅子が2台とない。1台1台が全て障害に応じたオーダーメイドで作られていることでした。
そのため、修理は1台1台修理方法を考えながら行うことが求められます。
また、虫ゴムは海外でも部品が入手し易い様にクラシックな虫ゴムで統一します。

活動には相模女子大生、工業高校生、一般人の他、留学生、ベトナム人、エチオピア人等、海外の方々も参加しているので様々な人たちと明るい雰囲気で一緒に作業をしています。

ボランティアメンバーでは修理方法が分からない際は車椅子製造会社の経営者も参加されているので教えてくれます。経験のない人でもすぐに作業できる態勢となっています。
このボランティア活動に興味がある方の参加が多くなることを願っています。

                 2017年1月25日   中尾 浩

IMG_20170115_103639
整備作業をする中尾さん

相模女子大学「海外に子ども用車椅子を届けようプロジェクト」メンバーの声

すでに作業活動の中核を担ってくれている相模女子大学チームの2016年度のチームリーダー
高橋夏希さんと北村優香さんの声です。

相模女子大学3年  高橋夏希

私は大学に入学して何か新しいことに挑戦してみたいと思い大学1年生のとき、この活動に参加しました。初めは国内外の子ども用車椅子の現状を全く知らず、驚くことばかりでした。ですが、こんな私でも小さなことですが出来ることがあると知り、約2年間活動に参加しています。

初めて参加したとき、車椅子の清掃は、手の届きにくいところまで丁寧に拭き、できるだけ新品のように綺麗にするよう教わりました。この車椅子を受け取る子どもたちのことを考えて、国や世代、性別もバラバラの人たちが心をこめて清掃に励んでいる姿にとても感動したのを覚えています。また、私は途中から車椅子の清掃でなく、整備の方によく参加するようになりました。車椅子の知識も、工具などの知識も全くない私でしたが、ひとつひとつ丁寧に教えていただきました。自分の整備した車椅子が受け取った子どもたちの安全に深くかかわると思うと、責任重大ですがやりがいも大きいです。そして、整備をしていく中で普段の学生生活では関わることのない方々とお話しすることは、自分の成長にも繋がっていると思います。

子ども用車椅子には一つ一つに個性があり、使っていたご家族のことを考えながら整備することがよくあります。車椅子を必要としている海外の子どもたちと、寄付していただいたご家族の間で、少しでも自分が力になれることをとても嬉しく思います。実際にマレーシアへ訪問した際に笑顔のご家族と笑顔で車椅子に乗るお子さんを見て、数か月前に整備した車椅子が子どもたちに届いていることを改めて実感し、感動しました。

今後も、できることから力になりたいと思っています。

相模女子大学3年  北村優香

私はこの海外へ子供用車いすを送るボランティアに参加して本当に良かったと思います。

私がこのボランティアに参加したのは、友達に誘われて始めたのがきっかけでした。でも、月に一度の定例会に何度も参加するうちに、必要とする子ども達とその家族の話やその国の現状を知り、気付くとこの活動に夢中になっていました。

マレーシアで行われた車いすの贈呈式にも参加しました。自分達が整備した車いすが、現地で必要する子供たちに渡された光景を見たとき、その笑顔を見て「頑張ってよかった」と心の底から思いました。今でも思い出すと胸が熱くなります。

普通に学校生活を送っているだけではできないことをたくさん体験しました。今後も続けていきたいです。

3
写真左から高橋夏希さん、北村優香さん

会社員ボランティアの坂本紗弥香さんの声

私はベトナムに興味があり、ベトナムと日本の間で何か出来ることはないかと考えていたところ、この活動を紹介していただきました。

車椅子の清掃は細かい作業で、埃や汚れに苦戦することもあります。しかしながら、目の前にある車椅子に海外の子供たちが座ること、子供たちの笑顔に繋がることを想像すると大きなやりがいを感じ、楽しく取り組めます。

活動には様々な方が参加されていますが、いつも和気あいあいとした雰囲気です。私はボランティア経験も車椅子に触れたこともほとんどなく、最初は不安でしたが、和やかな雰囲気のおかげですぐに不安はなくなりました。

驚いたことは毎回多くのベトナム人の方が参加されていることです。他国である日本にいながら、このような活動に参加されることは素晴らしいことだと思います。ベトナムに興味のある私にとって、ベトナム人の方々と交流できる機会でもあり、それも一つの楽しみになっています。

車椅子を寄付される日本の方々、車椅子を受け取られる海外の方々、その間で活動される方々のそれぞれの気持ちがあって、この一つの活動が創り上げられていると感じます。そんな活動を少しでもお手伝いさせていただけることを嬉しく思います。

今後も、出来る限り参加させていただきます。

坂本紗弥香

IMG_2629a

福生高校の皆さんからの声

会の活動拠点の地元の福生高校の生徒さんは継続的に活動に参加をしてくれています。
授業「奉仕」のための体験活動として活動に参加をしてくれた生徒さん達からの声の
一部をご紹介します。

****************

” 最初は「自分が何をしたらいいか」と不安になりつつ、説明を聞いているうちに「どうしたら自分が車椅子清掃で役に立てるか」が分かり、夢中で車椅子を綺麗にしていました。その行動が海外の子ども達のためになっていることが自分にとってのやりがいにもなっていきました。清掃をする前は「面倒だな」とも思っていましたが「自分が役に立つんだ」と思うと、清掃し終わった時に「次も今回よりも綺麗にしよう」と次回のやる気も出ました。”

” 汚れた車いすを見たとき正直きれいにするのがめんどうくさいと感じることがありました。ですがNPOの団体の皆さんと一緒に作業して話を聞いてやる気が出ました。
自分たちが汗をかきながら整備した車いすを海外の人はとても喜んで乗っているのだと思うととてもいい気持になりました。海外のことを考えることも大事だと気付けました。”

”  今回の活動で仕事は楽ではないと改めて実感しました。車椅子をきれいにしたり、車椅子の点検をしてタイヤに空気を入れたり、すべてが力仕事でとても疲れたし、またやり終えた後の達成感はとてもいいものでした。
昼食の時間に、外国の食べ物を作ってもらえたこともとてもいい思い出です。”

” 今回の活動から学んだことは、車イスや足につけて使う装具ひとつひとつに使っていた人がいたということです。名前が貼ったままのものであったり少し色あせた車いすを見ると実際に使われていたことが分かりました。
今回の活動で車イスがどのように活用されているかがわかりました。とてもいい経験でした。”

” 私はこの体験活動をするまでボランティアをしている人の気持ちがわかりませんでした。何故、何の利益にもならないのにやっているのだろうか、と思っていました。しかし自分でやってみて初めて自分の考え方は間違っていたことが分かりました。ボランティアは自分の利益、不利益など関係なく、人のために動くことでした。”

” 多くがパンクしてたり、壊れかけたりしていました。中にはもうこれは使い物にならないだろう、とも思えるものもありました。しかし、タイヤを変え、虫ゴムを取り変え、ふきんで汚れや毛玉を取り除き、タイヤの空気を入れ直すと、新品にも見えるような物に仕上がっていきました。”

” 今回印象に残っていることは私が体験した車イスのタイヤの点検でした。この体験で私は車イスのタイヤの空気の弁(虫ゴム)などのしくみを知りました。おそらく、虫ゴムなどのことも、この活動がなければ学ばなかったであろうことだと思われます。
そう言うこともふくめて、この活動をしたことはよかったと思います。”

” ボランティア活動に参加するのは、「奉仕」体験活動が初めての参加なので何も知らず緊張していました。ですが、森田さんのところにあいさつに伺ったとき、とても元気な方だったので緊張がほぐれました。
車いす清掃を体験して、半日ほとんど動いていて包装まで仕上げても、まだまだ数が足りず、また人でもたりないということが分かりました。”

” この活動をとおして人のために何かをするということに喜びを感じることができました。また、今自分が磨いている車椅子が海外で役に立つと考えると感動しさらに細かいところまできれいにしたいと思えるようになり、人のために役に立つことはすごく気持ちの良いことだと気付くことも出来ました。

” 私は、今回の奉仕活動で人に役に立つことをするのは気持ちの良いことだと思いました。自分がそうじした車いすが外国の障害を持った方たちに使われて、それをよろこんでもらえたらいいなと思います。今回の体験を通して、私は困っている人を手助けできる人になりたいと思いました。”

” 普段触れたりすることのない車いすや足につけて使う装具に触れ、仕組みを知ることができ、今までそれを使っていた人の生活や大変さを感じることが出来ました。また、自分がキレイにした車いすや装具が海外の子ども達の手に渡り使ってもらえるというところにも感動しました。”

” 僕は一日分の体験でしたが、たくさんの事を学びました。使われなくなったり、捨てたりするような車椅子を清掃して海外の方に届けるという素晴らしい体験でした。外国の方で車椅子を必要としている人たちがこの世界中にたくさんいるという事。”

写真は作業終了後の福生高校の皆さん
おつかれさまでした!!

IMG_1871b

****************

福生高校の皆さん、活動参加本当にありがとうございました。
そして、やわらかい心を持つ皆さんからの「声」はこれからの会の活動への励みとなります。皆さんが清掃・整備をしてくれた車椅子はパラグアイ、ミャンマー、スリランカ、マレーシアの障害を持つ子ども達の人生を明るくしてくれます。
また、皆さんの共通の感想でしたが、今回の体験がこれからの高校生活に活かされることを願っております。
これからも、海外の障害を持つ子ども達を支援する活動に参加をお願いします。

海外に子ども用車椅子を送る会 会員一同

 

2014/03/02 卒業を前に、相模女子大学4年生の皆さんからの声

三浦 智子さん
私が初めて整備定例会に参加したのは2012年の4月でした。それから約2年間、毎月欠かさず整備定例会に参加しました。
参加当初は車椅子についての知識、日本・海外の子ども用車椅子の現状など全くわかりませんでしたが、整備活動や特別支援学校への訪問などの様々な活動に参加する度に新しいことを知ることができました。

2年間を通じてこの活動は、車椅子を寄付してくれた子どもと家族の想いを私たちの手で綺麗に整備した車椅子に託して海外へ送り届ける大切な役目だと感じました。また実際に車椅子を送り届けにタイヘ訪問した時は、車椅子に満面の笑みで乗る子どもと家族の表情は印象的で感動し、活動に参加してよかったと感じました。

車椅子を通じて日本・海外の子ども達と家族が1人でも多く笑顔になれるよう望んでいます。

山口 恵希さん
約2年間この活動を通しさまざまな人と出会うことができました。今までの学生生活では経験のないことを多く体験でき、NPOの方や先生にとても感謝しています。車椅子1台磨くのに多くの人の協力があり、その1台で人の人生を変えることができるお手伝いができ貴重な体験を多く経験させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

ここで経験させていただいたことを生かしながら、新入社員として頑張りたいと思います。

intro_20140302_01
(タイ身体障害者協会での贈呈式で。最上段左端が三浦さん、3番目が山口さん)

鈴野 舞香さん
私は、2年間車椅子活動を行って車椅子収集や車椅子整備などNPO団体と協力して行い貴重な経験をしました。一か月に一回の車椅子整備ではありましたが、NPO団体や他国の方々、他大学の方々とも交流しながら楽しく整備をする事が出来ました。初めての車椅子の整備で初めは自分でも出来るか不安でしたが優しく教えて下さりとても嬉しかったです。

タイで、直接子ども達に車椅子を渡したときは、子ども達の笑顔やその子供の両親の喜ぶ姿に、今まで大変だったことなど忘れるくらいの達成感でいっぱいでした。自分たちが整備した車椅子を利用している子ども達を間近でみて少しでも子ども達の生活に役立てたことがなによりも嬉しかったです。

この車椅子活動を通してたくさんの経験ができ、これから社会に出た時に少しでも役に立てる事があると思います。2年間、たくさんの人に協力して頂き感謝と共にこの活動に携われてよかったです。

intro_20140302_02
(タイ贈呈式で鈴野舞香さん)

高城 美樹さん
私はこの活動に参加をして、普段接することのできないような方々との交流や達成感を得ることができました。朝が弱い私でしたが、月に一度行われるこの定例会には、用事等がない限りは極力参加をしました。定例会に参加をすることで、色々な国の方々と接する機会があり、その国の食や文化、情報等を教えていただき、肌で感じることができました。

また、この活動をし続け、実際にタイへ訪問した際には、子どもたちやご家族の方々の喜んでいる顔や「ありがとう」という感謝の言葉を頂戴し、今まで行なってきた整備活動の達成感を得、大変感動をしました。

学生のうちにこのような貴重な経験をすることができ、感謝でいっぱいです。この経験を糧とし、飛躍的な社会人になりたいと思います。

intro_20140302_03
(定例活動日での高城美樹さん)

2014/01/05 ホァイさん

日本で海外へ車椅子を送る会のボランティア活動に参加するチャンスが出来て、とても良かったと思います。

車椅子を送る会から強い印象を受けました。

世界で私より困っている人が大勢います。
特に、障害者が数え切れないほど多いと思いますので、出来る限り、何かお役に立ったら、嬉しいです。
毎回、ボランティアの活動に参加して車椅子を掃除しながら、色々な事を考えました。海外へ車椅子を送る会の皆様に感謝します。

いつも暖かい雰囲気が感じられて、本当に社会的に意味がある活動です。
ずっと続けて欲しいと思います。

時間が出来たら、是非また参加したいです。

introduction02
(いつも友人と参加して下さっているホァイさん(右))

2014/01/05 ロンさん

ベトナム人のグェン ヒュー ロンと申します。

この車椅子の活動は2011年終わりごろから参加しています。

戦争があった国で生まれて、被害者子供達の大変な事も知っていますが、手伝う事が出来なかったです。ベトナムの子供達だけでなく海外の貧しい国の被害者子供達も車椅子を買えなくて、生活はとっても大変です。私は大学生時代にベトナムで色々なボランティアに参加しましたので、ボランティアの事も興味があります。

参加する前はこの活動の事が難しいかもしれないと思いましたが、一度参加して、自分もたくさん参加できると思って、それから毎月時間があれば参加しています。

良かったです。参加してから皆様から優しく教えて頂いて、たくさんの人と友達になって、文化も交流出来て、本当に感謝しています。
意味のある活動なので、自分だけじゃなくて友達にも紹介して、毎月一緒に参加しています。

今の時代世界の人達は一緒です。もっともっと世界の貧しい人も障害を持つ子供達も手伝いたいです。だからこの車椅子の会について、もっと広く、皆に紹介して、一緒に頑張ってたくさんの車椅子を集めて海外に送れるように希望しています。

私はこれからももっと頑張りますので、宜しくお願いいたします。

introduction01
(車いすを丁寧に梱包するロンさん)